月別: 2019年7月

『7月18日』

2005年7月18日

有限会社あらたかの事業が始まった日だ。

READ MORE

“ありのまま”という自由

昨日、毎日新聞に以下のような記事が掲載された。

私たちは介護、医療、保育をしているのではない。

人の生き方、暮らしをデザインしているのだ。

煙草が大嫌いな人にすれば、明らかな有害行為をなぜするんだろう?

臭いし、お金もかかるのに……

それは単に嗜好の違いではあるが、価値観なども多く含まれることも確かである。

好き嫌いや価値観とは一体なんなのだろうか?

この世に太郎として生まれ大人になり、一郎を愛することはどうか。

太郎として生まれて花子を愛することが“普通”ならば、一郎を愛することは“普通ではない”のだろうか。

普通かどうかの基準はマジョリティであるかどうかならば、一郎を愛するケースはマイノリティであり、普通ではない。

つまり、数の問題である。

喫煙者数が大幅に減少している中で、今や喫煙者もマイノリティである。

LGBTQIAの方々をセクシャルマイノリティと呼ぶのもそれと同じである。

私はよく“中村は普通ではない”と言われ、マイノリティとされてはいるが、実は潜在的にはマジョリティであることを顕在化する。

これこそが自分の仕事のように思えることがよくある。

「マパの日」

片親家庭が多くなってきているから……ではあるが、この日の意味はそれだけに過ぎない。

親御さん、子どもたち、スタッフ、近所のおばちゃんetc…

みんなが暮らしやすい地域とは何かー

私たちはトイロロ保育園を通じて、ダイバーシティのリテラシーを高めるアプローチを続けていきたいと思います。

太郎として生まれたけれど、花子として生きることを選ぶ人がいる。

それが普通のことであってほしい。

だって、それって普通だから。